新竹下合格システム | 港町の司法書士受験日記

新竹下合格システムを受講しています。

担保物権総論、抵当権の設定、抵当権の侵害|不登法

今回の記事の関連記事(民法編)はコチラ↓
http://mulala.blog.jp/archives/71847080.html


今回はタイトルのうち、抵当権の設定についてです。

ちなみに「設定」は、当事者の設定契約による地上権、永小作権、地役権、質権、抵当権、賃借権、採石権の設定のことをいいました。

登記の目的は「抵当権設定」でした。なお、共有持分等を目的とする設定登記もできましたが、その場合には、「何某持分抵当権設定」などの振合いとなります。

抵当権設定登記で一番めんどくさかったのは、原因でした。
例えば、被担保債権に関する問題点として、将来発生する債権がありました。銀行からお金を借りて保証人を立てた場合です。保証人は求償権を担保するため、あらかじめ抵当権を設定することができ、振合いは「年月保証委託契約による求償債権年月日設定」となりました。

非金銭債権も、債務不履行の場合には変じて金銭債権になるため、被担保債権とすることができます。

あと過去問で出ていたのは複数の債権です。債権者が同一人であれば、二個以上の債権を担保するために、一個の抵当権を設定することができました。

・登記申請手続(絶対的登記事項は、債権額と債務者)

登記の目的・・・抵当権設定

登記原因及びその日付・・・(例)年月日金銭消費貸借年月日設定

債権額

利息

損害金

債務者

抵当権者
↑ここまでが登記記録に載る。

設定者

添付情報・・・登記原因証明情報、登記識別情報、代理権限証明情報、印鑑証明書

登録免許税

・任意的登記事項について
1.利息
2.損害金
3.債権に付した条件
4.民法370条但書の定め
5.抵当証券発行の定め
6.抵当証券発行の定めがあるときは、元本又は利息の弁済期又は支払場所

竹下先生は、「六個しかないんだから、死ぬ気で覚えろ!」とのことでした。
「多くて覚えられませーん、だったら試験やめた方がいいっすよ。受からんですから。受かりたきゃやれよってはなしで、全然難しくないのでしっかりやりましょう」とおっしゃいました。

こういわれてみると、覚えられるような気がしてなりません。いや、もう覚えました。

あと、巷では直前チェックの「関係先例等」が出題されてないという人がいましたが、しっかりと出題されてました。過去問を遡れば遡るほど、出てきます。

今回の記事はここまで。

にほんブログ村 資格ブログ 司法書士試験へ
にほんブログ村

担保物権総論、抵当権の設定、抵当権の侵害|民法

いつもblogをご覧いただきありがとうございます。

いろんな科目を皿回しのようにやっているので、今回は担保物権総論を確認し、抵当権の一部を学習しました。そのうち、民法上の問題について書いていこうと思います。

・担保物権総論

担保の意義を再確認しました。また担保の種類には、保証人や連帯債務者のような「人的担保」と、物的担保がありました。人的担保は、保証人等の一般財産の状態によってその担保価値が変動するというデメリットがありました。

これに対して物的担保は、担保の目的の物的価値に担保力を見出すもので、人的担保より安定性があります。

また、担保物権は質権及び抵当権といった約定担保物権と、留置権と先取特権といった法定担保物権に分けられます。

そしてデュープロセスには表が挙がっていましたが、担保物権の性質の異同は、担保物権を全部やり終えた後は即時に答えられるようにならなければならないとのことでした。特に優先弁済的効力が重要で、留置権にはこれがありませんでした。

・抵当権の侵害

このテーマは、ここでやるにはやや唐突かもしれませんが、確認しました。
デュープロセスにある記載のみで過去問は全部解けましたし、模範六法や最高裁判所の判例検索で補えば特に問題の無いところでした。

竹下先生も、最判平11.11.24と、最判平17.3.10は、最高裁のホームページで判例の要旨を見た方がいいとおっしゃっていたので、これらの判例は全文をプリントアウトして、今回の講義該当箇所のノートに挟みました。

繰り返し出題されたのは、物権的請求権として差止め請求、明渡請求、妨害排除請求が認められるかと、不法行為の一般原則に従った損害賠償請求権が認められるかどうかでした。

あとは抵当権の侵害による期限の利益の喪失(民法137②)が、H13-12とH9-12で聞かれました。

民法上の問題はここまで。


にほんブログ村 資格ブログ 司法書士試験へ
にほんブログ村

竹下先生の改正民放逐条解説

いつもblogをご覧いただきありがとうございます。

こないだ時間があったので、LEC森山先生の民法改正に関するガイダンス動画を見ました。

そこでは、今年の本試験でもそうですが、改正民法で変わる点を今のうちに出題しているという指摘がありました。

言われてみればそりゃそうかなぁ?という感じでしたが、模範六法についてきた改正条文集を見ると、「ごもっとも」でした!

ちなみに民法改正対策は竹下先生の本を買って、本棚の肥やしにしてました↓

竹下貴浩の攻略!平成29年改正民法逐条解説 司法書士試験 [ 竹下貴浩 ]


これからは、改正点も意識して学習していこうと思いますが、前の記事で書いたように抵当権もおぼつかない感じですので、民法の総則、債権、親族・相続、制限物権以外の物権の復習をする際に、参照するようにしたいと思います。
にほんブログ村 資格ブログ 司法書士試験へ
にほんブログ村

おこがましいですが…。

いつもblogをご覧いただきありがとうございます。

最近…やっと記述式が書けるようになりました…。

確かに2015年に受験したときには、「光太郎がどうしたこうした…」とワケの分からない解答を書いた記憶はあります。

しかし、2017年は白紙でした(あえて白紙にしたといえばカッコが付くのかどうか分かりませんが、書きませんでした)

ちなみに、私は一般知識等で足切りにかかる行書ベテです。そんな私が、行政書士試験よりも司法書士試験の方がカンタンだと思ってました。昨日までは…。

確かに行政法で聞かれることや、憲法の難化傾向からするとそれもそうなのかもしれませんが、司法書士試験の記述式を意識するようになってからは、こう考えてます。

司法書士試験の方がタイヘンだ!

昨日は抵当権を学習したのですが、果てしない大海原に旅に出た感じで、すすんでも進んでも前に陸地は見えないというイメージで終わってしまいました。今日までかかって、やっと設定をまともに書けるようになった感じです。

ドラえもん「見つめなきゃ!現実を!」

今までは相当な甘えがありました。「記述式もそのうちで切るようになるんだろう」そう思ってました。

こういう認識では、そのうちなんて日は一生回ってきませんねorz

まぁ、タイヘンだということを、身体で感じただけ収穫があったこととします。

小さいことからコツコツと!

にほんブログ村 資格ブログ 司法書士試験へ
にほんブログ村

平成29年度行政書士試験|申し込みしました!

いつもblogをご覧いただきありがとうございます。

タイトルの通りです。

知りたくない人もいるでしょうが、興味のあるモノ好きな方もいらっしゃると思うので、まずは報告まで。

先日行われた、TAC行政書士講座の実力チェック模試の結果は、素直にうれしく受け止めて、試験日まで頑張りたいと思います。

何回も受けると、願書もらいに行くのが恥ずかしくなってきます…。

にほんブログ村 資格ブログ 行政書士試験へ
にほんブログ村
livedoor プロフィール
↓竹下合格システム資料
ブログ村


しらべもの検索







カスタム検索

港町に生まれ港町に育ちました。私の受験生活はこの町とともにあります。
アクセスカウンター
  • 累計:

Amazonライブリンク
おススメ


  • ライブドアブログ